リフォームのタイミングはいつ頃が理想なのか考える

この記事をシェアする

修繕が必須なものは優先的に考える

住んでいる地域の気候などでも違いはあるのですが、外壁や防蟻対策は5年ごとに行うのが理想だと言われています。

外壁は普段家の中で生活していると、あまり目に触れる事のない部分なので意識をしない事が多いと思うのですが、修繕せずに放置しすぎてしまえば、気が付かない間に塗装が剥げて、そこからひびが入り雨漏りの原因にもなってしまいます。
気が付かない間に劣化が進んでしまうと、大掛かりな修繕になり費用も時間も多くかかってしまう場合もあります。

おおよその目安を参考にしながら、修繕が必須な物から優先的にリフォームをしていきましょう。

最初にリフォームを検討するのは外装や防蟻で購入後5年頃からリフォームが必要になってくるかと思います。

家や生活を守るのに必要なリフォーム

家を快適な状態で維持させる事は自分たちの生活を守る事になります。
一番優先させたいのは水と関わるエリアのリフォームです。
住宅は水の影響を受けやすいし、水回りは劣化が早いと言う特徴があります。

雨漏りなどの水の影響は、木材などを腐らせて家の耐久性に影響をあたえてしまいます。雨漏りが室内に入り込んでくると、壁や天井や床にシミができたり、見た目にも悪くなってしまいます。

そうなってしまってから、全てを改善しようとすると莫大な費用もかかることになるので、水の影響を受けやすい外壁や水回りは優先的にリフォームをする事をおすすめします。

劣化を未然に防ぐことが出来るように細目なリフォームするのが理想です。
費用が掛かりすぎると感じるかも知れませんが、修繕が必要になってから慌てて行ない、大きな出費になる事を考えれば、結果的には安上がりにもなります。