使っていれば劣化は逃れられない

リフォームには費用もかかるし、だいたい築何年ごろにリフォームをすれば良いのか大まかにでも前もって知っておけたら心の準備も費用の準備もできます。

快適な住環境を保つためにも、定期的なリフォームは重要です。
大体どの位のサイクルでどんな内容のリフォームが必要なのかを書き出してみると良いでしょう。

リフォームが必要になったなと感じるタイミングは修繕、ライフサイクルの変化への対応、住まいをよりグレードUPする、大体この3パターンが多いようです。

修繕は、年数が経った事による補修や、使用していく事により劣化や破損が起きた時の修理などです。

ライフサイクルの変化への対応とは、子どもが産まれて大きくなってそれぞれの子供部屋が必要になったり、自分自身が年を重ねたり、高齢の親と同居する事になってバリヤフリーが安心だと感じるようになった時に必要なリフォームです。

住まいのグレードアップは、資金が貯まったら風呂を広くゆったりと入れるものに変えたい、キッチンをオール電化にして今風のリビングにしたいなど、より快適に生活する為に行うリフォームです。

ひと言でリフォームと言っても、この様に目的も理由違いますし、必要となるタイミングも一緒ではないので、まとめて1度で済ませようとするのは難しいです。

何度も何度もリフォームを行わなくて済むように効率よく行う事は可能になるので、エリアごとに予測されるリフォームのタイミングを書き出してみる事により、無駄が少なくて済むかと思います。

リフォームのタイミングはいつ頃が理想なのか考える

住宅も物と同様に、使っていれば消耗したり劣化が進んでいきます。 メンテナンスを適度に行い修繕していけば快適な状態を保つことが出来ます。 水回りは素質上劣化が早かったりとエリアによって修繕時期は異なるので、通常はどの位が修繕のタイミングなのかエリアごとの修繕サイクルを知っておきましょう。

ライフサイクルの観点からリフォームを考える

住宅を購入するタイミングにもよるかと思いますが、子どもが小さいうちは各自の部屋はいらないけど、大きくなったら自分の部屋を用意しようとか、ゆくゆくは親と同居を考えているとか、現時点では確実ではないけど将来的にはそうなるであろうと予測される事を書き出してみましょう。

グレードアップしたい部分はあるか

暮らしていると、風呂をもっと大きくしたい、キッチンを最新のものに変えたい、収納が少ないのでもう少し整理しやすい物に交換したいなど、使用しているうちに不便だと感じて改善したい部分や、もっとこうだったら良いのになぁと感じる事が出てくるかと思います。 気が付いたら書き留めておきましょう。